大前提として

マーケティングとは、まず売りたいものがあって、それをどう消費者まで届けるかをデザインすることだと私は思っています。
そして、その売るものは大きく分けて二つに絞られます。

  • 商品
  • 自分

商品を売るのか、自分自身を売るのかです。

「商品を売る」というのは分かりますが「自分自身を売る」とはどういうことなのか。
そんな声が聞こえてきます。

説明しましょう。

わかりやすい例でいうとTVなどで活躍するタレントです。
その他ですと、今流行りのYouTuberやその他諸々のインフルエンサー、アーティスト、パフォーマーなどetc…になります。
彼ら、彼女らはまさに自分自身を商品とし、マーケティングをしているのです。
事務所に所属している層になると、マーケティングは事務所側が行うことが多い様ですが、それでも自分をどうすれば魅せられるかは自分自身が一番知っていることなので、売れるか売れないかは最終的に事務所の力よりも個々の戦略によるところが大きいでしょう。
フリーで活動している人なんかは尚更です。

商品が売れる要因

では、商品を売る訳なのですが、どういった場合に売れるのでしょうか。

  • 購入後にメリットがある
  • 購入しないと困る

大きく分けると、この二つの場合に、消費者は商品を購入します。
つまり、売れます。

この、アバウトすぎるとも考えられる「メリット」には、かなりの意味合いがあります。

「欲しいから購入したら欲求が満たされるというメリット」
「購入後に〜なれる、〜に近づけるということが期待できる、だから購入することでメリットがある」
「これを手に入れ、身につければ格好良くなる(可愛くなる)筈だ。だから購入することでメリットがある。」
などetc…

「購入しないと困る」の場合は、主に生活必需品であったりするので、殆どマーケティングの必要はありません。
マーケティングが必要なのは「購入後にメリットがある」の方になります。

そうです、商品を売るためにすることはたった一つ「メリット」を演出することなのです。
では、どうすればそのメリットを消費者に感じさせることが出来るのでしょうか。
それには、心を動かす必要があります。

人の心を動かす七つのスイッチ

  1. 興味
    人間は、退屈を嫌います。よって夢中になれると思ったことに興味をそそられます。
    そして興味をそそられれば、そこへ向かい行動をします。
  2. 本音と建前
    人間は、常に「本音」と「建前」を行き来しながら生活している。
    その間に、人を動かすエネルギーが隠されている。
  3. 悩み
    基本的に、人間は必ず何かしらの悩みやコンプレックスを持っています。
    そしてそれを解消したいと必ず思います。
    解消できると分かればほぼ確実に行動します。
  4. 損得
    人間は「得をしたい!」という感情より「損をしたくない」という感情の方が強いとされています。
    「損はしませんよ」ということが伝われば、行動しやすくなります。
  5. 共通意識
    人間は、自分が所属しているグループやカテゴリから外れることを非常に嫌がる。
    逆に言うと、自分と共通点があると強く影響を受ける。
  6. 承認欲求
    人には、常に認められたいという欲求が渦巻いている。
    プライドをくすぐれば、必ず動く。
  7. 特別
    人は、基本的に特別な扱いをされることに快感を覚える。
    「自分だけの特別な」という演出が肝。
    また、手に入る筈だったものが急に無くなりそうになると激しく渇望する。

これら七つのスイッチを意識し、市場調査、プロモーション、営業をすることで飛ぶ様に売れる筈です。