CATEGORY SNS

SNS

効果的なTwitterのフォロワー獲得方法

Twitter(ツイッター)とは 140文字で文章を投稿(ツイート)できるソーシャルネットワークサービスです。 SNSなんて言われていますね。 ユーザー同士でフォローをすることで、その人のツイートをタイムライン上に表示出来るようになります。 そして自分のことをフォローしてくれている人々のことをフォロワーと呼びます。 写真や動画もアップロードすることが可能で、その使い方は多岐に渡ります。 そんなTwitterなのですが、私も数年前に登録しております。 利用するうちに様々な観察をすることが出来たので、今回はそれをまとめたいと思います。 フォロワーが減る要因 まずは、フォロワーが減る要因についてです。 結論から言うと、ツイートをするたびに減ります。 沢山の注目や評価、RTを獲得する様なツイートでもです。 面白い発言をして、フォロワーが増えるというのは 「減る数以上に増える数が多い場合」で、基本的には発言をするごとにフォロワーは減っていきます。 ツイートを目にするまでは、フォローをしてることすら忘れていたりすることがあるので、ツイートを確認したことを機にフォローを外したりするのです。 つまり、一切発言をしないというのが、フォロワーの減少を止めるのに一番効果的です。 フォロワーが増える要因 面白い発言をする→フォロワーが増えるという考え方がありますが、あまり増えません。 もちろん、多少は増えたりすると思いますが、先ほども申し上げた様に、基本的に発言する度にフォロワーは減っていくので、その減るスピードを上回る勢いで面白いツイートを量産出来る場合のみ、多くのフォロワーを獲得出来るということになります。 では、一番フォロワーが増えるパターンとは? 「フォロワーの多い人がアカウントを含めて、返答をした場合」 になります。(引用ツイート) 例えば、フォロワーの多い人気のアカウントが「この間はどうも!また機会があったら宜しくお願いします!@〜」の様なツイートをすると、その人気のアカウントのプライベートな情報が気になる人が、交友関係とかをチェックするために”@〜”をフォローしたりする傾向があります。しかもめちゃめちゃ多いです。 つまり、フォロワーを増やしたい人は、面白いツイートを量産しつつ、有名な人、人気な人に話しかけられる様に仕向けるというのが得策だと言えます。 しかし、そう簡単にもいきません。 結果として、フォロワーが多いのは、既に有名人な人ばかりという現実があります。 でも居ますよね、無名だったけどTwitterを使って有名になった人。 彼らは一体何をして有名になったのか、それはシンプルな方法でした。 今までTwitterを利用する中で、一般の人のフォロワーが急激に増やしてるパターンは 炎上してる時 です。 よくフォロワーを増やそうとする人が考えることの一つに「バズる」が挙げられます。 バズれば一気に注目を集めることが可能なのは確かです。 しかし、それだけでは増えません. 実際にバズっているツイートを発見した際に、そのひとのアカウントのページに飛んでみました。 すると、多くのフォロワーを獲得していると思いきや、大した伸びはしていませんでした。 何百ものRTといいねを獲得しているのにも関わらずです。 これにはビックリしました。 しかし、一方でバズるツイートをしたことによって多くのフォロワーを獲得している人達もいます。 彼らはどんな人たちなのか。それは もともとアカウント内で面白いコンテンツを投稿していた人です。 注目を集めたところで、フォローするまでに至らないのは、そのバズったツイート以外のツイートがタイムライン上に表示されるメリットがあるか否かです。 そうです、そのツイート以外がつまらないということになります。 最後に、最近気が付いたフォロワーの獲得方法を紹介します。 人気者や有名人、著名人の中には、書籍を出版している人が沢山居ます。 そういった、フォロワーの多い著者に、相手が告知したい内容を含めて、話しかけたり、引用ツイートをしたりします。 そうすると、宣伝になるので、その著者が反応してくれたりすることがあります。 少なくとも、私がフォローしている落合陽一氏や堀江貴文氏はとても律儀に、頻繁に反応をしていました。 ということで、フォロワーを獲得する方法の一つとして、かなり狙い目だと思います。 書籍をレビューするブログを書いたり、書籍の内容をまとめた画像を投稿したりするのが流行っている様に見えます。 まとめ フォロワー獲得=面白いツイートを量産+既に多くのフォロワーを抱えているアカウントのレスポンス