マーケティング

時代を超えるWEBマーケティング論

大前提として マーケティングとは、まず売りたいものがあって、それをどう消費者まで届けるかをデザインすることだと私は思っています。 そして、その売るものは大きく分けて二つに絞られます。 商品 自分 商品を売るのか、自分自身を売るのかです。 「商品を売る」というのは分かりますが「自分自身を売る」とはどういうことなのか。 そんな声が聞こえてきます。 説明しましょう。 わかりやすい例でいうとTVなどで活躍するタレントです。 その他ですと、今流行りのYouTuberやその他諸々のインフルエンサー、アーティスト、パフォーマーなどetc…になります。 彼ら、彼女らはまさに自分自身を商品とし、マーケティングをしているのです。 事務所に所属している層になると、マーケティングは事務所側が行うことが多い様ですが、それでも自分をどうすれば魅せられるかは自分自身が一番知っていることなので、売れるか売れないかは最終的に事務所の力よりも個々の戦略によるところが大きいでしょう。 フリーで活動している人なんかは尚更です。 そんな、自分を売る人達に是非読んで頂きたい内容の弊記事を二つ紹介します。 というのも、今回の記事は、前者の「商品」を売る場合の戦略、マーケティング手法だからです。 後者の「自分」を売る人は今後その手法についての記事も書いていきたいと思いますが、まずは紹介するこちらの二記事をご覧になってみては如何でしょうか。 好きなことをしてマネタイズする戦略 効果的なTwitterのフォロワー獲得方法 商品が売れる要因 では、商品を売る訳なのですが、どういった場合に売れるのでしょうか。 購入後にメリットがある 購入しないと困る 大きく分けると、この二つの場合に、消費者は商品を購入します。 つまり、売れます。 この、アバウトすぎるとも考えられる「メリット」には、かなりの意味合いがあります。 「欲しいから購入したら欲求が満たされるというメリット」 「購入後に〜なれる、〜に近づけるということが期待できる、だから購入することでメリットがある」 「これを手に入れ、身につければ格好良くなる(可愛くなる)筈だ。だから購入することでメリットがある。」 などetc… 「購入しないと困る」の場合は、主に生活必需品であったりするので、殆どマーケティングの必要はありません。 マーケティングが必要なのは「購入後にメリットがある」の方になります。 そうです、商品を売るためにすることはたった一つ「メリット」を演出することなのです。 では、どうすればそのメリットを消費者に感じさせることが出来るのでしょうか。 それには、心を動かす必要があります。 人の心を動かす七つのスイッチ 興味 人間は、退屈を嫌います。よって夢中になれると思ったことに興味をそそられます。 そして興味をそそられれば、そこへ向かい行動をします。 本音と建前 人間は、常に「本音」と「建前」を行き来しながら生活している。 その間に、人を動かすエネルギーが隠されている。 悩み 基本的に、人間は必ず何かしらの悩みやコンプレックスを持っています。 そしてそれを解消したいと必ず思います。 解消できると分かればほぼ確実に行動します。 損得 人間は「得をしたい!」という感情より「損をしたくない」という感情の方が強いとされています。 「損はしませんよ」ということが伝われば、行動しやすくなります。 共通意識 人間は、自分が所属しているグループやカテゴリから外れることを非常に嫌がる。 逆に言うと、自分と共通点があると強く影響を受ける。 承認欲求 人には、常に認められたいという欲求が渦巻いている。 プライドをくすぐれば、必ず動く。…

SNS

効果的なTwitterのフォロワー獲得方法

Twitter(ツイッター)とは 140文字で文章を投稿(ツイート)できるソーシャルネットワークサービスです。 SNSなんて言われていますね。 ユーザー同士でフォローをすることで、その人のツイートをタイムライン上に表示出来るようになります。 そして自分のことをフォローしてくれている人々のことをフォロワーと呼びます。 写真や動画もアップロードすることが可能で、その使い方は多岐に渡ります。 そんなTwitterなのですが、私も数年前に登録しております。 利用するうちに様々な観察をすることが出来たので、今回はそれをまとめたいと思います。 フォロワーが減る要因 まずは、フォロワーが減る要因についてです。 結論から言うと、ツイートをするたびに減ります。 沢山の注目や評価、RTを獲得する様なツイートでもです。 面白い発言をして、フォロワーが増えるというのは 「減る数以上に増える数が多い場合」で、基本的には発言をするごとにフォロワーは減っていきます。 ツイートを目にするまでは、フォローをしてることすら忘れていたりすることがあるので、ツイートを確認したことを機にフォローを外したりするのです。 つまり、一切発言をしないというのが、フォロワーの減少を止めるのに一番効果的です。 フォロワーが増える要因 面白い発言をする→フォロワーが増えるという考え方がありますが、あまり増えません。 もちろん、多少は増えたりすると思いますが、先ほども申し上げた様に、基本的に発言する度にフォロワーは減っていくので、その減るスピードを上回る勢いで面白いツイートを量産出来る場合のみ、多くのフォロワーを獲得出来るということになります。 では、一番フォロワーが増えるパターンとは? 「フォロワーの多い人がアカウントを含めて、返答をした場合」 になります。(引用ツイート) 例えば、フォロワーの多い人気のアカウントが「この間はどうも!また機会があったら宜しくお願いします!@〜」の様なツイートをすると、その人気のアカウントのプライベートな情報が気になる人が、交友関係とかをチェックするために”@〜”をフォローしたりする傾向があります。しかもめちゃめちゃ多いです。 つまり、フォロワーを増やしたい人は、面白いツイートを量産しつつ、有名な人、人気な人に話しかけられる様に仕向けるというのが得策だと言えます。 しかし、そう簡単にもいきません。 結果として、フォロワーが多いのは、既に有名人な人ばかりという現実があります。 でも居ますよね、無名だったけどTwitterを使って有名になった人。 彼らは一体何をして有名になったのか、それはシンプルな方法でした。 今までTwitterを利用する中で、一般の人のフォロワーが急激に増やしてるパターンは 炎上してる時 です。 よくフォロワーを増やそうとする人が考えることの一つに「バズる」が挙げられます。 バズれば一気に注目を集めることが可能なのは確かです。 しかし、それだけでは増えません. 実際にバズっているツイートを発見した際に、そのひとのアカウントのページに飛んでみました。 すると、多くのフォロワーを獲得していると思いきや、大した伸びはしていませんでした。 何百ものRTといいねを獲得しているのにも関わらずです。 これにはビックリしました。 しかし、一方でバズるツイートをしたことによって多くのフォロワーを獲得している人達もいます。 彼らはどんな人たちなのか。それは もともとアカウント内で面白いコンテンツを投稿していた人です。 注目を集めたところで、フォローするまでに至らないのは、そのバズったツイート以外のツイートがタイムライン上に表示されるメリットがあるか否かです。 そうです、そのツイート以外がつまらないということになります。 最後に、最近気が付いたフォロワーの獲得方法を紹介します。 人気者や有名人、著名人の中には、書籍を出版している人が沢山居ます。 そういった、フォロワーの多い著者に、相手が告知したい内容を含めて、話しかけたり、引用ツイートをしたりします。 そうすると、宣伝になるので、その著者が反応してくれたりすることがあります。 少なくとも、私がフォローしている落合陽一氏や堀江貴文氏はとても律儀に、頻繁に反応をしていました。 ということで、フォロワーを獲得する方法の一つとして、かなり狙い目だと思います。 書籍をレビューするブログを書いたり、書籍の内容をまとめた画像を投稿したりするのが流行っている様に見えます。 まとめ フォロワー獲得=面白いツイートを量産+既に多くのフォロワーを抱えているアカウントのレスポンス

お金

好きなことをしてマネタイズする戦略

「お金を使う」=「悪いこと」という誤解 ・飲み会の帰り、別にお腹が空いていないのにカップ麺やお菓子を購入してしまった。 ・”新商品”ということで、同じ内容の物を持っているのにも関わらず、即座に購入してしまった。 ・自分へのご褒美と、ついつい身の丈に合ってない高額なブランド品をネットで購入してしまった。 一般的にこのような消費、浪費を良くないとされています。 そしてこういったことを戒める意味で、「お金を節約しなさい」「貯金をしておきなさい」とアドバイスされるのです。 ところが、正しいアドバイスであるからこそ、いつからか「お金を使う」=「悪いこと」と捉えられるようになってしまいました。 お金をだだの紙切れにするか、価値のある紙切れにするか ポイントとなるのは使った額以上のリターンが、将来的に返って来るかということです。 ではどうすれば「使った額以上のリターン」を得ることが出来るのでしょうか。 答えは簡単です。 使い道があなたの好きなことである これだけです。 どういうことか。 同じ1万円でも、好きなことであれば、自動的により習熟しようとし、技術的な高みを目指すからです。 将来の10万、20万に繋げられる人と、消費や浪費の快感で終わってしまう人の違いが出て来るのです。 好きなことを宣言して、認知してもらう 「好きなこと」をマネタイズするためには「自分が何が好きで、どれだけ得意で、具体的に何が出来るか」をみんなに知ってもらう必要があります。 どんなに習熟した技術や知識でも、大衆に認知されなければ仕事のオファーは来ないからです。 「知っている」よりも「知られている」が重要ということになります。 何を言われようが知られている人、モノが勝ちです。 物よりも経験を買う 「物」よりも、自分の好きなことをより伸ばせる、習熟できる「経験」にお金を使いましょう。 知識やスキルは誰からも奪われない財産になります。 嫌われる覚悟 知名度やフォロワー数を多く抱えるとそれに並行してアンチも多く抱えることになります。絶対にです。 これが許容出来ない人には個の能力で勝負していくのは厳しいでしょう。 ブルーオーシャンにこだわる必要はない 一般的にレッドオーシャンで戦うのは得策ではないとされています。 しかし、様々なタイプのインフルエンサーが出尽くした今、完全にブルーオーシャンを狙うのは難しいと思います。 そこで、あえてレッドオーシャンで勝負するという手もあります。 しかし、自分の色を演出する必要があります。 例えレッドオーシャンであっても個の色が強いものは地位を獲得出来ます。 重要なのは「ポジションを取る」ということです。 先にやった者勝ち 例えばYouTubeでいうと、某ヒカキン氏なんかは黎明期に参入したお陰で、あんなことになっています。 目新しい物に飛びついて、それを続けられる根気があるかというところですね。ポイントなのはすぐお金にならないという点です。だからこそ「好きなこと」である必要があります。 ~評論家なんかもそうですが、先に名乗った者勝ちです。 厳密に言うと先に名乗って先に知られた者勝ちです。 重要なのは先に名乗るだけでなく、先に知られるまでをデザインすることが必ず必要ということです。 知られた後はいくらでもマネタイズが可能 クラウドファンディングなどで融資を受けるためには、認知の他に信用がが必要になってきますが、自分で何かのサービスや商品を売るという行為に関しては認知のみで十分やれます。 多くのフォロワーやアクセスを抱えていれば、同時にその数値の見込み客を獲得したことになります。 商品を売るプラットフォームやツールは出揃っていて、更にそれを個人で運用可能なこの時代だからこそ出来ることです。 しっかり売るところまでをデザイン出来れば、まだまだ個人でも戦えるということになります。

コミュニケーション

コミュ力を履き違えたうるさいだけの人

周りにこんな人居ませんか ・マシンガントークで場を盛り上げようとするが内容が無い為、一見盛り上がっているように錯覚するが、よく見るとスベってる人。 ・初対面で仲良くなろうとして、ノリの良い相槌を大きい声ですることで面白いと思われると思っている人。 ・いかに多くの人脈を抱えているかをアピールしてくるが、よく聞くと大した接点もなく、一方通行の人脈を広げている人。 ・適当に相槌を打って、間に自分の話を挟むのが上手いミュニケーションだと思っている人。 ・笑いを取るのがコミュ力だと思っている人。 そもそもコミュ力とは何なのか 一般的に「沢山喋れる」「ハッキリとした声で話せる」「面白い」といったようなことがコミュ力とされています。 これらを一概に「コミュ力ではない」とは言いませんが、厳密には違うと思って居ます。 私が定義するコミュ力とは大きく分けて三つの能力にあると考えます。 ・語彙力 ・質問力 ・洞察力 ずばりこの三つです。 順を追って説明します。 まず「語彙力」ですが、会話をする時に 「相手の言っていることを理解すること」に必要です。 相手が発言した言葉を知っていなければ理解が出来ませんからね。 それから、「自分が発言する時の言い回しの選択肢の数」を増やすのに必要です。いわゆる「ボキャブラリー」というものに当たります。 より多くの言葉を知っていることで 「理解」と「発言」 この二つを同時に高めることが出来ます。 次に「質問力」です。 会話で自分が話す時に、二つのパターンがあります。 「自分の考えを述べる」時と「質問」をする時です。 自分の考えの部分については、能力というより、それぞれの思想や個性に値する部分なので、コミュ力とはまた別の話になります。 しかし、質問に関してはかなり重要です。 会話を次のフェイズに持っていく時に必ず必要な行為だからです。 逆に言うとこの「質問という行為」をしなければ、会話は終了します。 会話を長く続けることがコミュ力なのかという議論もありますが、私の場合そうだと考えます。 勿論、簡潔的に短く会話をするのは、ある種の優れたコミュニケーションだとは思います。 しかし、それをコミュ力と捉えるか考えた時、私は違うと思いました。 力と謳うからには「能力が高い」の意味合いを多く含んでいる筈です。 と考えると、より長い時間の会話を継続出来るというのは非常に優れた能力だと考え、私はそれをコミュ力だと定義します。 最後に「洞察力」です。 人はコミュニケーションのツールとして 発言をする「声」があります。 しかし、あと二つも、声と同等の情報量を誇るツールがあります。 それは「表情」と「仕草」です。 これらは、心理学などと密接に関係しており、相手の心理を見抜く際などに必ずチェックする項目になります。 つまり、「言葉」ではなくても「膨大な情報量」がそこに表れているということです。 そして、その「表情」「仕草」を最大限に読み解くのに必要なのが 「洞察力」です。 細かな違い、変化などを瞬時に確認する能力のことです。 この洞察力があれば、相手の考えていることを大まかに把握した上で会話を進めることが可能な為、この能力を持っている人は、非常にコミュ力が高いと考えます。 コミュ力が高くても、それだけでは得しない コミュ力が高くても、それだけでは多くの人脈を形成したり、良好な関係を築いたり、濃い付き合いを出来る訳ではありません。 では、それらを達成するには何が必要なのでしょうか。 私はこの二つが必要だと考えます。 「視覚的な魅力」と「ユーモア」 です。 会話のその先にある「目的」は コミュ力があることが大前提で、そのコミュ力を最大限に発揮し「目的」を達成するには、その人の個性的な部分、魅力を上乗せさせなければ不可能ということになります。 つまりこういうことです。 「語彙力」+「質問力」+「洞察力」=「コミュ力」…

お金

日本人は何故、年収で測る傾向にあるのか

日本人はめちゃめちゃ拝金主義である よく日本のテレビで、お金持ちやタレントの豪邸などを紹介する絵をよくみかけるが、一体これはどういう心理なのか。 豪邸を訪問することに価値を見出していることがかなり問題である。 だって、本質的には何の意味もない行為だと思う。 お金って信用じゃないですか、それをただただ貯まってるところに「すごい」だとか価値を感じるのは正直疑問です。 拝金ベースで物事を考えている人達が多すぎる。 お金は流通することで真価を発揮するものだと思います。 キャッシュフローが成立しているところに意味があるのであって、留まっているところには何の意味もないわけです。 「貯蓄は悪だ」は厳密的にはちょっと違う 貯蓄の種類にもよります。 その貯蓄が投資に回っていれば良いのですが、ただの預金である場合は、損をするだけだと考えます。 お金を貯めること自体が美徳という考え方は、正直古くて、現代においてはリスクでしかないでしょう。 だってマイナス金利ですよ? 投資をギャンブルと結びつけてしまう人々 恐らく、投資をギャンブルだと思っている人の特徴として、FXだったり株式のチャートの上下だけを見ているという傾向が考えられます。 ”売り買いをして利益を得る” これが投資だと考える人が殆どだと思いますが、本当は違います。 例えば、仮想通貨で考えるとビットコインで今一番儲かっている人達はどんな人なのか。 それはいわゆる「ガチホ」をしていた人です。 ガチホとは投資界隈で使われるスラングで「値が上がろうが下がろうが絶対に~を手放さない」という行為、もしくはその行為をする人のことを指します。その語源は「ガチガチのホールド」や「ガチでホールド」の略など諸説あります。 しかし、FXなどを広めたい側の人たちは「いかに簡単に儲かるか」「短時間で」というチャートの上がり下がりの部分をプロモーションするので、我々一般人は「あぁ、そういうものなんだな」と思ってしまうのも仕方がないなと思うところはあります。 そもそも日本人が「楽して儲けよう」という発想に至った時に、すぐ「ギャンブル」を考える場合が殆どです。 これも面白いと思います。 「宝くじ」なんかを買う人たちもそういう人達だということがわかります。 ワンチャンを狙って定期的に買っている人達の話を聞くことがありますが、何でその定期的に買うお金を投資に回すという発想に至らないのか、非常に不思議ですね。 お金のリテラシーを深めることの推奨、提案 このように、お金に関する正しい知識を持っている人々は、まだまだ少ないのが現状だと思います。 その原因の一つとして、学校でそういった内容をしっかりと学ぶ機会が基本的には無いことが挙げられます。 後は、親や先生から「お金を使うこと=リスク」という洗脳を受けていることじゃないですかね。 洗脳というと語弊があるかもしれませんが、私はほぼそれに近い行為だと思っています。 ではどうすれば良いのか。 それは「自ら学ぶ姿勢」を持つことだと思います。 知識欲や好奇心は、人によって違いますが、「お金」に関する知識を深めることで、損をしたという話は聞いたことがないので、積極的にそこに投資するのが吉だと思います。 実際に、私はその知識という部分に投資をした結果、しっかりとしたリターンが得られているのでこういった推奨の記事を書いてみました。